IP電話の概要

IP電話ってなに?普通の電話とどう違うの?IP電話の基本的な内容について。

IP電話とは、インターネット・プロトコル(Internet Protocol)というインターネット通信技術を活用し、音声をデータ化し専用の通信網を経由してやりとりする電話サービスです。
ADSL・光ファイバーなどブロードバンド通信の利用者増加に伴い急速に普及しています。一般のインターネット回線を用いる旧来のインターネット電話に比べ、専用回線網を用いることで音声の質・安定性ともに優れたものになってきました。距離を問わず一律の通話料金、IP 電話同士の通信が無料となることが多いなどのメリットに対し、緊急時通信の利用不可(自動的に一般回線に切り替え)、回線状況による利用不具合などがデメリットがあり、NTTの光電話での不具合は記憶に新しい。2004年末の利用者総数は約783万件(総務省)で、その後も増加傾向にあります。
posted by OCN IP電話 at 00:31 | IP電話とは